コラーゲンブームを作ったヒミ*オカジマさんの言葉が響いた

himiokajima

すっかり秋めいてきましたが、皆さまいかがお過ごしですか。

はい。すっかりブログから遠ざかっておりました。
何度このセリフを言えば気が済むのでしょう。

何かのブログに、「ブログが書けない人は、書く時間がないのではなく、単に書く時間を作ることができていないだけ」だとありました。
続きを読む ›

カテゴリー: ビジネス

「パズドラの魔法石を無料でゲット」なるもののカラクリ

まだやってるの?
と言われそうですが
デビューが遅かったのもあって
通勤時間やら寝る前の時間やらで
目下パズドラにハマりまくってます。
続きを読む ›

タグ:
カテゴリー: ハヤリモノ

ニキビができにくい体を作るぞ!

10代の頃ほどではないが、今でもちょっと食生活が乱れるとニキビができる。

この歳になると、ニキビって言わないのかな。
吹き出物って言うんだったか。

あらためて調べてみたら、どうやら今は
大人ニキビって言うらしい……ですね。
続きを読む ›

タグ: ,
カテゴリー: チャレンジ

結婚できない女・結婚できない男

稲盛さんのインタビュー記事を「PRESIDENT ONLINE」で読んでいる際に目に入り、そのタイトルに釣られてしまったのがこの記事。
一気にやわらかい話ですが。

まずは男性篇の『結婚できない男は、なぜ結婚できないのか -結婚の条件・男の言い分』。

都市部在住の20~40代男性の場合、以下の3条件を満たしていれば2年以内に結婚ができます。なお、心身がそこそこ健康で、家族関係が複雑すぎないという前提です。

(1)身だしなみを清潔に保っている
(2)月収33万円以上(ボーナスや残業代も含む)
(3)身近な女性を好きになる

ま、まぢか??
この条件なら充たせる気がする。

会社の飲み会、高校や大学の同窓会、趣味の集まりなどに顔を出し、気持ちを軽やかにしておくと、目や口元だけでも大島優子に似ている女性を発見するはずです。声をかけて食事に誘い、楽しくお酒を飲んで手をつないで帰って一緒に寝ましょう。

シンプルですな。

「結婚を前提に付き合えそうな女性を紹介してほしい」と友人知人に頼むのは大変いいことですが、その際に「大島優子がタイプ」などと伝えるのはやめましょう。紹介数が激減します。

「〇〇がタイプ」なんて伝える人が多いとは思えないけど、この文章の勢いがなんか面白い。

この文章を婚活中の30代女性が読んだらきっと怒りますよ。あまりにも簡単な3要素だから。管理職比率どころではない男女不平等です。女性の場合は、年齢や外見のハードルがはるかに高くなります。それに比べればこんなにハードルが低いのにいくら探しても結婚に適した男性には出会いにくい。なぜか。この3要素すらクリアする努力をしない男性が多すぎるからですよ!

はい。肝に銘じます。

続いて女性篇の『結婚できない女は、なぜ結婚できないのか -結婚の条件・女の言い分』。

スキルアップに意欲的な男性は往々にして、女性にも意欲的なんですね。それに、全感心が自分に向かっている人が多いから、だいたいは自分勝手。

その通り!ただ、”感心”じゃなく正しくは”関心”かな(笑

気付いたら、35歳です。ここまでくると、紹介案件もほぼ皆無というほど、なくなってきます。男性ってシビアなもので、今まで散々チヤホヤした女性が35歳過ぎると、いきなりハシゴを外すんですね。あれは、ひどいと思いますよ。

35歳というのが明確なラインではないと思うが、”ハシゴを外す”という表現はあながち間違った見方ではない気がする。

結婚できない女とは、単純に結婚を選ばなかった女であり、したがって、モテない女では全然、ありません。むしろ、経済的にも精神的にも自立している立派な女性が多い。ただ、結婚の本質とは、お互いを求め続けること、相互補完すること。「1人で完成している」人は、別に結婚しなくてもいい。それだけの話なのかもしれません。

この点については、女性だけでなく男性にもあてはまる話だろう。

まとめると、努力しろ!ってことですかね。

タグ:
カテゴリー: 恋愛・結婚

稲盛さんの言葉

PRESIDENT ONLINEに稲盛さんのインタビュー記事が載っていた。

立派なリーダーになるためにどうすればいいのか。

1番大事なことは「己を虚しゅうする」、つまり自分を捨てることです。リーダーが利己的な考え方を少しでも持つと組織は正しく機能しません。ですから、リーダーはフェアで公明正大な心を持ち、全身全霊で組織に命を吹き込まなければなりません。

耳が痛い。。。

3つの大義に気持ちは突き動かされ、私はJAL会長を引き受けることにしました。ただし、毎日出勤できるわけでもないので無給を条件といたしました。

む、無給!?!?!?!?!?
知らなかった。

JAL再建に向けて妥協を許さない職務を遂行する日々が続き、仕事を終えるとコンビニでおにぎりを買ってホテルに帰り、寝る前にぱくつくという生活を送ることになりました。

“コンビニでおにぎりを買って、寝る前にぱくつく”というところのみが、自分との共通点(笑

私が京セラの同志2人とともにJALに持ってきたのは2つだけ。1つは「アメーバ経営」という会社の組織を10人前後で構成する小集団に分け、独立採算制を徹底させる「部門別採算制度」の仕組み。そして「フィロソフィ」。

フィロソフィとは、私の50年の経営者としての経験を基にした経営哲学で、経営者を含め全社員が同じ価値観を共有し行動するための指針です。その基本は「人間として正しいことをする」という、とてもプリミティブ(原則的)な考え方です。

「人間として正しいことをする」
簡単なようでいて、ビジネスで徹底するのはかなりの覚悟が必要。

社員を幸せにしようという会社であれば、社員はみな自分の会社だと思って一生懸命努力をする。資本主義社会では株主価値を最大にすることが企業の目的だといわれるが、社員が喜んで仕事をし立派な業績を挙げれば、株主価値は上がる。社員すら幸せにできないで、会社がうまく運営できるわけがない。

ごもっとも。
“社員を幸せにする”という点だけ聞くとエゴと思われがちだが、結局は社会に返ってくる。

稲盛さんは上梓されている本もベストセラーとなっているが、成し遂げたことの大きさもあるが、話がわかりやすいというのもあると思う。

上に立つ人はそうでなくてはならない。

タグ:
カテゴリー: ビジネス

つ、ついに精力剤(ヴィトックスα)を試してみたので効果のレビューを…

先日の投稿で書いたが、先輩から譲り受けた精力剤(ヴィトックスαというやつ)を週末に飲んでみたので、そのレポートを。

vitox

こんな風に、カプセルに入っている。
この1カプセルが、500円ぐらいだそう。
決して安くはないが、、、元気が出るなら安いもんだ。 どっちだよ(笑

飲んでみて、すぐに身体に変化があるものではないらしく
数時間待てと先輩からも言われていた。

で、待つこと5~6時間。

~~~~~~

それまで何の変化もなかった下半身にやや変化が!?

ちょっと股間のあたりが熱いというか、暖かくなってきた!

な、なにこれ気持ち悪い。
うわっ、本当に効果ってあるんだ。

「先輩、疑っててゴメンナサイ!」
と、疑っていた先輩にお詫びの気持ちが芽生える。

 
この精力剤を飲んだっていう精神的なところもあるのかもしれないが
いつもとは違う、なんか20代の頃の血気盛んだったころの身体に戻ったような気がした。

もちろんこの1カプセルで、興奮が収まらねーよー!って風にはならないが
自分みたいな「最近ちょっと性欲なくってね」ってぐらいの軽度な性欲減退傾向がある人には良いのかもしれない。

うーん。悩むな。
思い切って1箱買っちゃうか、カプセル単位で先輩に売ってもらうか。

まー、でもとにかく、チャレンジしてみて良かった。
先輩に感謝。

今年2013年はチャレンジの一年にしようと心に決めていたから、
今年も残り一ヶ月ほどしかないけれど
新しい何かにチャンレジして良い年を迎えるぞ!

Takuro

 
【2014.6.17追記】
最近になって、何名からかどこで買ったのか教えてという声があったので、ショップのリンク貼っておきます。みんな意外とブログ見てくれてるんだね♪
http://www.menlabo.com/item/vitoxa/
 

タグ:
カテゴリー: チャレンジ