レーシック手術完了!ありがとう神戸神奈川アイクリニック!

いよいよ運命の日、Xデーがやってきた。

手術なんていつ以来だろう。
小学校の時に受けて以来だから、、、、

ま、とにかくひっさびさの手術ということで
朝からちょっと緊張気味。
平日ではありますが、ここぞとばかり有休使っちゃいましたよ!

 
病院では、簡単な検査の後、手術室の近くにある前室的なところに移動し、そこで消毒と麻酔。
前回の適応検査の時も思ったけれど、目薬で散瞳させたり麻酔したりできるから本当にお手軽。注射なんて打つ必要ないんだから。

麻酔が効くまでしばらくそこで待機し、、、、
いざ手術室へ。

手術室には先生と、何人かの看護師さん。
頭にはシャワーキャップ的なものを被るものの、服はそのままで手術台へ。

まずは、レーザーを角膜の表面に当ててフラップと言われるフタのようなものを作る手術。

目を開いた状態で固定されレーザーを当てられる。
時間は片目あたり15秒程度。ほんとあっという間。
出来たフタをピンセットのようなものでめくっているのもわかる。
麻酔が効いているので全く痛みはなし。

 
ここで手術台を移動(笑
移動するんかい!って思ったけど
視界はぼやけているものの、うっすらは見えるので問題なく別の手術台に移動完了。

 
そして、2つ目の手術。
いよいよ角膜を削って焦点を変え遠くを見えるようにするレーシック手術の本丸的施術。

再び目を開いたままで固定されレーザー照射。
レーザーが当たっている感覚はないが、うっすらと何かが焼けている匂いがする。
それで、あー今レーザーが当たっているんだなとわかる。
こちらも時間は片目あたり15秒程度。
レーザー照射のあとは目薬のようなもので洗浄され、初めの手術で作ったフタをして手術完了。

 
手をとられて手術台から起き上がり、隣の部屋でしばし休憩。
この時点で、壁にかけられているカレンダーの文字がよく見える!
もちろん手術直後ってことで相当ぼやけてはいるが、あー本当に見えるようになるんだなということを実感し始める。

 
そこで15分ほど休み、翌日の検査の時間を決めて病院を後に。
さすがにまだ目が安定していないので、視界は相当ぼやけているし、特に携帯の文字は読むのに相当苦労した。

でも、手術を受けた当日に、頑張ればこうやってブログを書けるほどの状態。
もちろんメガネなしで!

今後の状況がどうなるかはまだわからないが、とりあえず手術は成功したようだ。
今のところ受けてよかったという実感。

ほんとにありがとう、神戸神奈川アイクリニック

これからの眼の状況もぼちぼちレポートしていきます。

Takuro

タグ: ,
カテゴリー: チャレンジ